AGAを発見したら~早めの薄毛治療と抜け毛シャンプー対策が有効~

最近増えているAGAを発見した時はどうしたらいいのか
AGAと育毛クリニックについて知っておきたいこと
抜け毛対策にはスカルプシャンプーが効果的

薄毛治療はスピードが肝心~その理由とは~

頭皮

男性に起きやすい脱毛症のことをAGAといい、AGAの症状が一度発生すると驚異の速さで進行してしまいます。頭が薄くなってきたと感じる人は、これ以上悪化しないように対処したほうがいいです。ここでは、何故早めに対処しないといけないのか理由を紹介しています。

なぜ早期の薄毛治療が求められるか

薄毛治療は効果が分かるまで時間がかかる
薄毛治療は、治療を開始してもすぐに効果が現れる訳ではないです。治療の効果が現れるのは、早くても3ヶ月は必要になるので注意してください。また、3ヶ月というのはAGAを早期発見して、早めに治療を開始した場合だけです。AGAが進行して、頭頂部の頭髪の大半が抜けてから治療を開始した場合は3年以上の治療を受けないといけません。時間がかかるため、中には途中で薄毛治療を止める人もいます。AGAを治療するためには、途中で治療を諦めずに根気よく続ける必要があります。また、少しでも抜け毛の量が増えたと思った時点で、早期治療を行なえば今よりも悪化しないよう防ぐことが可能です。
AGAの進行スピードは人によって違う
AGAは人によって進行する速度が違うため、薄毛になってからすぐに頭頂部の頭髪の量が減少する人もいます。逆に進行が遅い人もいますから、全員が同じ速度で進行する訳ではありません。進行しているかどうかは、抜け毛の量や手で頭頂部に触れて確認すれば判断可能です。枕や床に落ちている髪の毛、普段使用しているブラシに髪の毛が多く絡みついている場合は危ないです。頭頂部は自分で見て確認が難しく、見逃してしまうので注意してください。大阪にある育毛クリニックでは、AGAに対する治療を取り入れています。脱毛が進行する前に問診を受ければ早期発見に繋がります。

抜け毛の進行を抑えるための対策も忘れずに行なう

頭皮

AGAを発見して育毛クリニックで薄毛治療を行なうまでは、これ以上抜け毛が増えないような対策が必要になります。スカルプシャンプーには、洗浄力が低いので皮脂を余分に落とさない効果があります。普通のシャンプーだと皮脂を全て洗い流してしまい、頭皮は過剰に皮脂を分泌させてしまうのです。それによって頭皮があれてしまい、髪にダメージを与えて抜け毛が増え薄毛となります。スカルプシャンプーなら皮脂を最低限落とすので頭髪に優しいです。このシャンプーを使用する際は、頭皮をマッサージしながら行ないましょう。マッサージをする際は、爪を立てて強く頭皮を押さえるのではなく、指の腹でコリをほぐすようにやさしく行ないます。そうやって洗うことで、頭皮に良い刺激を与え血行が良くなるとともに、皮脂を残し頭皮の汚れだけを落とせますよ。こちらではおすすめのスカルプシャンプーがピックアップされているので、チェックしてみてください。

AGA治療の効果とは~期間で見る育毛のプロセス~

AGAを発見して治療を受けようと考えている人でも、育毛クリニックで治療をどのように行なうのか分からない人が多いです。治療の流れや、治療を開始してからどの位の期間で効果があるのか、ここで紹介します。治療の流れが分かれば安心できますから、前もって確認しておきましょう。

効果が実感できるまで

治療開始

育毛クリニックに訪れて受付を行ない、最初にスタッフとのカウンセリングを始めます。いつ頃から薄毛を自覚したのか、普段どのような生活を送っているのかという質問があり、時間は20分程です。カウンセリング結果を記録して、医師に渡して診察を行ないます。触診で今の状態を確認して、その状態に最適な薬を処方されるのです。AGAの進行を遅らせる効果と改善の効果がある薬を処方し、毎日飲み続けます。他にも、頭皮に塗る外用薬を1日2回塗布するという治療が始まります。また、定期的にクリニックに訪れて行なう頭皮ケアも重要です。頭皮に小さな傷をつけて、その傷に薬を塗るという治療を1ヶ月に2回行ないます。

治療から2ヶ月

治療前に頭部の写真を撮影して、治療過程を記録するために必要です。最初の治療は、薄毛の気になる箇所だけを集中的に治療するために頭皮ケアを行ないます。集中させることで、気になる箇所から産毛が生えてくるようになるのです。頭頂部と生え際が気になる人ならば、最初にその2か所の治療を行ない、産毛が生えてきたら、次は頭部全体に頭皮ケアを行なうようにするのです。2ヶ月以降は、髪全体の量を増やす治療になります。別の治療に移るのは2ヶ月後が目安ですが、人によってはそれ以上時間がかかる可能性もあるので注意してください。

治療から5ヶ月

髪全体の治療を行ない、5ヶ月後には産毛が成長して以前と同じ髪の量に戻ります。美容院でパーマをあてることが可能な位の量になるため、治療を続ければ効果は現れます。育毛クリニックの薄毛治療は、ただ髪の量を増やすだけでなく髪質の改善にも効果的です。髪質を良くすると、髪の毛1本ずつ太くなりコシがでてくるようになるのです。健康な髪にすることで、今後AGAに悩まされることもないでしょう。また、クリニックから薬の服用を続けるように指示されている場合は、途中で止めずに続けないと効果を持続できません。

薄毛治療法の違いを明確にする

薄毛治療には様々な種類の治療法があります。治療法の種類とそれぞれの特徴を紹介しますから、どの治療を受けるか選ぶ時の参考にしてみてください。

薄毛治療法の種類と概要

育毛
育毛は今の髪の毛を太く健康にさせて、抜け落ちないようにする薄毛治療です。生活習慣を見直して、頭皮に必要な栄養を摂取するようにします。栄養が不十分だと生え変わりのヘアサイクルが乱れて、まだ健康な髪の毛でも抜け落ちる可能性が高いです。頭皮の環境を整えて、髪の毛が抜け落ちないように育てる方法となります。
増毛
増毛は簡単に薄くなっている箇所を目立たないようにできる治療法です。1本の髪の毛に、人口の毛を結び付け髪が増えたように見せられます。自分の髪の毛ではないため、成長することはありません。他の治療を行ないながら、薄くなっている箇所を隠したい人はこの治療を行ないましょう。
発毛
発毛という治療は、薄くなった箇所の毛根に、新しい毛が生えてくるようにする方法です。髪の毛にとって悪くなっている頭皮の環境を改善して発毛を促し、自力で健康な髪の毛を取り戻させることを目的としています。時間はかかりますが、髪の毛を自然に増やしていきたい方におすすめです。
植毛
複数の髪の毛を束ねたグラフトという皮膚を、頭皮に植えて行なう薄毛治療を植毛といいます。グラフトには人口毛と自毛の2種類があり、人口なら毛髪量の少ない人でも髪の毛を増やせます。自毛の場合は毛髪の多い箇所から移植するため、周りの髪の毛と同じなので違和感はありません。
TOPボタン